あの時、あの場所で・・・・

74年前の広島と長崎でいったい何が起きたのでしょうか?

 

このサイトは

山梨県原水爆被爆者の会

通称「甲友会」

のホームページです

このホームページに掲載しているる画像は

WiXが提供するフリー画像を利用させていただいており、

ホームページの内容とは関係ありませんので、ご了承ください

このホームページには、

あの時、あの場所にいた方々が

   実際に見て、体験した話を載せました

 

そして、

平和について・・・戦争について・・・

わたしたちにできることについて・・・

       考えてみませんか?

今から74年前、広島と長崎に、人類史上初めて、そして唯一、人に対して核兵器が使用されました。

その時、その場所では、いったい何が起きたのでしょうか?

あの時、あの場所を経験された方々(被爆者)は、今は広島や長崎だけではなく、全国にお住いです。

あの時、まさかあんなことが起ころうとは思わず、広島や長崎で生活や仕事をされていたのです。

 

原子爆弾によって、一瞬にして多くの方々が命を失った中、運よく生きることができた人たちは、

いったいあの時、あの場所で、どんなものを見て、どんな体験をされたのでしょうか?

 

このホームページには、現在山梨県にお住いで、あの時、あの場所にいらした方々の体験談を載せました。

あの時、あの場所で起こったことをリアルに感じていただけるかと思います。

 

そして、この体験談に触れて、

 

「戦争ってどうして起きてしまうのだろう?」

「平和な世の中って何だろう?」 

「私たちにできることは何だろう?」       

 

そんなことを考えるきっかけになれましたら幸いです。

 

あの時、あの場所とは、

 

1945年(昭和20年)8月6日(月) 午前8時15分 広島市

  同   年        8月9日(木) 午前11時2分  長崎市 

 

 

*このサイトは甲友会のホームページです。

 「甲友会」は「山梨県原水爆被爆者の会」の通称です。現在山梨県に住んでおり、74年前、広島と長崎での原爆の体験をした 被爆者と、父または母が被爆者である被爆二世によって構成されています。山梨県 被爆者 体験談 原爆 核兵器

このホームページでは、下記の内容を掲載しました。

被爆体験

甲友会では、今までに『きのこ雲』という冊子を第5集まで発刊しました。

『きのこ雲』では、被爆者の方々の体験談や被爆者の現状の資料等を記載しています。

「被爆体験談」のページでは、この『きのこ雲』に寄せられた総勢約103名の方々による132話の体験談をご覧いただけるようにしました。

 

原子爆弾が落ちた時、実際にそこにいらした方々は、何を見て、何を感じ、どう行動したか・・・

その時の様子や被爆者の想いを感じていただければ幸いです。

​★ 体験談は印刷することができます! 

被爆体験

原爆が落ちてから72年が経ち、被爆体験を語ることができる方はとても少なくなってしまいました。

貴重な被爆者の体験談を直接聞いてみませんか?

このページには、被爆体験をきいていただくための相談窓口を設けました。

たくさんの方々に、被爆体験を聞いていただきたいと願っております。

 

被爆体験

このページでは、核兵器にまつわる話をまとめてみました。

核兵器はどのように開発されたのか?

現在、どれくらいの数の核兵器があるのか?

核兵器廃絶に向けた動きはどのようになっているのか?

などなど・・・

 

被爆体験

このページでは、甲友会メンバーからのメッセージや想いを載せさせていただきました。

 

あの日、あの場所で・・・

あの時、あの場所で・・・

山梨県原水爆被爆者の会