『きのこ雲』 第4集 ③

🚩1ページ

あの日工場内にて・・・・ ・西 幸児さん        当時中学2年生(14歳) 爆心地より1.2km

忘れられない光景・・・・ ・白沢 英寿さん    広島 当時27歳 兵団司令部で任務中

ピカドンと呼ばれて・・・ ・小笠原 八重子さん  広島 当時2歳 

48年目、初めて語る体験  ・小田 一彦さん   広島 広島商船高等専門学校で授業中被爆

一瞬の差で・・・・・・・ ・雨宮 美恵子さん   広島 当時3歳、爆心地から1.2km

入市被爆者として・・・・ ・渡辺 重雄さん    広島 救護活動のため、翌日に広島市に入った

薬のなかったあの時・・・ ・白沢 いづみさん     広島 当時21歳

焼け残った我が家で・・・ ・匿 名      長崎

忘れられない光り・・・・ ・木下 勝雄さん    広島

特殊爆弾と聞かされて・・ ・小林 隆一さん    広島 救護活動のため、翌日に広島市に入った

長崎で被爆して・・・・・ ・中川 和子さん    長崎

直爆をのがれて・・・・  ・石丸 照さん       長崎 当時24歳

思い出したくないあの日・ ・匿 名(女性)    広島

日時も解らぬ看護・・・・ ・匿 名(男性)    長崎 衛生兵として大村海軍病院に配属中被爆 

水槽の水を求めて・・・・ ・坂本 虎雄さん      広島 当時25歳 司令部で任務中

ケロイドを残して・・・・ ・内藤 昭治さん      広島 当時17歳 暁部隊で幹部候補生として任務中

あの時の…・・・・・・・ ・雨宮 広之さん

原爆はいらない・・・・・ ・匿 名(男性)    広島 暁部隊で通信教育兵として任務中

何も知らなかった私・・・ ・匿 名(男性)    長崎 当時1歳

幼児期に被爆した私・・・ ・遠山 睦子さん      広島 当時3歳 爆心地から4km

妹を探した日々・・・・・ ・中村 百合子さん   広島 当時19歳

水、水の声が・・・・・・ ・杉原 武子さん

大家の娘さんの健在を祈る  勝村 田尾さん

奇跡的に生きて・・・・・ ・深沢 政治さん    広島 当時28歳 兵隊として任務中

今、訴えたいこと・・・・ ・小田切 恒広さん 

🚩 2ページ

原爆病を克服して今・・・ ・匿 名      長崎 爆心地から1.5km以内のところで被爆

核兵器の廃絶を・・・・・ ・匿 名(女性)     朝食中に

粥米50年を生きて・・・・・宮沢 誉福さん

子供の為に平和を・・・・ ・坂口 忠男さん    長崎 長崎に住む祖父母の安否を気遣い7日目に入市

直爆をまぬがれて・・・・ ・鈴木 力蔵さん

怖い原爆と癌・・・・・・ ・藤野 道子さん    長崎 当時9歳

広島の街と地獄・・・・・ ・込山政清さん     広島 宇品派遣部隊で任務 爆心地から約4km

治りにくい風邪・・・・・・大越 シミエさ    長崎 当時24歳 海軍監督官事務所に勤務

いつか、かならず・・・・ ・吉本 富貴恵さん   広島 当時17歳

核兵器の廃絶を・・・・・ ・杉田鉄之助さん    広島

命令を待ちつつ・・・・・ ・匿 名      広島 呉海兵団

直獏をまぬがれて・・・・ ・矢島和雄さん     広島

広島市江波の朝・・・・・ ・匿 名      広島

不安な日々・・・・・・・ ・清水幸平さん     広島

火葬場となった運動場・ ・・藤野義男さん     長崎 当時11歳  長崎市出身 爆心地から3~4k

思い出したくない・・・・ ・匿 名        広島

多くの被爆者を看て・・・ ・渡辺智さん    広島 当時23歳 船舶通信隊

二世にも手帳を・・・・・ ・周防ヨシ子さん    長崎 当時18歳

目の前で倒れた子供達・・ ・桑原淳さん    長崎 当時16歳 海軍少年兵

子孫が心配・・・・・・・ ・匿 名        広島 兵隊として任務中

これからが「私」のたたかい・ ・広沢猛さん  広島 暁部隊

幼児の体験、背負う苦痛・ ・佐野真穂子さん    長崎 当時生後2か月 長崎市出身

国連で核兵器廃絶の先頭に ・・深沢芳造さん  広島 当時25歳 兵隊として任務中

🚩3ページ

小学生よ安らかに・・・・ ・匿 名      広島

父母たちに感謝・・・・・ ・匿 名      長崎

水を呑んで死んだ人・・・ ・新藤英一さん 

三年の命と云われ・・・・ ・一瀬保さん    広島 当時18歳

運よく生きて・・・・・・ ・匿 名        広島 鉄道隊員として任務

一人で悩んだ30年・・・・・匿 名        広島

母のお陰で今日・・・・・ ・中沢フジエさん    広島 当時21歳 勤務先の銀行に向かう途中

核兵器の廃絶を・・・・・ ・中田武男さん     広島

国家補償の援護法を・・・ ・相吉英一さん   広島

戦争のないことを願って・ ・渡辺幸永さん   広島 当時19歳 船舶隊 

難病とのたたかい・・・・ ・山本トヨ子さん    長崎 当時9歳 長崎市出身

死体の山・・・・・・・・ ・柴山栄一さん     広島 兵隊として任務中

被爆50年・・・・・・・・・高橋健さん      広島 当時19歳 爆心地から約2km

山のような死体・・・・・ ・内藤嘉彦さん     広島 兵隊として任務中

火傷もなく・・・・・・・ ・杉原健さん      広島

死者にはなむけを・・・・ ・清水要四郎さん  広島 兵隊として任務中

  無  題・・・・・・・・・・高橋ゆきさん

もし私の娘であったら・・ ・杉山国夫さん   広島 当時19歳 兵務中

運命の朝・・・・・・・・ ・吉野静湖さん     広島 主婦 広島市出身

被爆者の手で原爆展を米国で  ・池嵜伸一郎さん  長崎

被爆のありのまま・・・・ ・越賀大流さん   広島  第2軍総司令部情報通信班

死の座をうばわれて ・・・・米内幸子さん   広島 当時27歳 主婦 広島出身

世界中仲良く・・・・・・ ・村松寿さん      広島

振り返る50年・・・・・・・内藤藤三さん     広島 当時22歳 暁部隊 爆心地から約2km

題名もしくはお名前のところをクリックしてください

たくさんの方々にご投稿いただいたので、①~③の3ページに分けました。

72名の被爆者の方々に体験談を寄せて頂きました。

平成7年(1995年)発刊

被曝50年記念号

 

 小学生よ安らかに

                     匿 名  

 

 被爆50年の歳月になりますが、被爆の日は今も脳裏に焼きつき忘れることはできません。

一発の原子爆弾で一瞬のうちに人命と財産を壊滅した事、また光の直射を受けた人は、全員「やけど」、見る見るうちに火ぶくれになり、顔全面に「やけど」の人は、その日の午後6時頃には目が見えなくなり、地面を「はって」兵隊さん助けて下さいと、必死で助けを求めていました。

私が介抱した子供は小学校4年か5年生ぐらいの男の子でした。全身黒焦げの状態でした。何千人の「やけど」の治療で手がまわらないため応急処置として、食用油を全身に塗りましたが、一時的の慰めにすぎません。早速夢中で、その子を抱え、臨時仮設の病院に運びました。残念ながらその子供も、顔全面「やけど」で目が見えなくなって懸命の救護の甲斐もなく明朝には亡くなりました。

 この残酷な惨劇を二度と繰り返さないためにも、地球上から核兵器が全廃されることを願っています。現在私は年齢相当の体調で生活をしておりますが、被爆者は白血病にかかりやすいと聞いていますが、心配しています。

 

 父母に感謝

                  匿 名(女性)

長崎 当時3歳 

 

 私は原爆が投下された時、3歳と6か月でしたのでよくおぼえておりませんが、一面火の海となり沢山の人が亡くなったと聞いて、きっと父と母が私と弟を連れて逃げて下さったのだと感謝しております。特に小さい時は病気がちで困ったようですが、6歳のとき長崎を出まして以来元気になりました。

 こちらに来てからも病む事もなく生活が出来、結婚も出来て幸せと思っております。

 ただ一発の爆弾が長崎の街を焼け野原にしたのかと思いますと、もう核兵器はいらない!世界中からこわい兵器のなくなることを願っております。

 

水を呑んで死んだ人

             新藤 英一さん  

 

 水、水と火傷の身体で這い廻って、足にすがりつかれ、防火用水の青い水を水筒のふたに入れて呑ませてやると、ぐったりして死んでいった。何人もの人々の顔が今でも忘れる事が出来ない。電車のつり革に真っ黒になってつり下がっていた死体の話を伝え、残しておかなくてはならない。ムクムクと大きくふくれ上がったキノコ雲、あの日の事は末代まで忘れてはいけない。二度とあの様な事があってはならない。

 私は今パーキンソンという病気になり、一日数回も倒れて歩くにも困難。話もうまく出来ない日々です。

 

三年の命と云われ

  一瀬 保さん 

広島     

 

 8月6日より死体処理を毎日行っており、身元確認を徹底して行う様に指示を受けましたが、ひどい所では全裸の状態で、不能でしたが、皮革製品に氏名を刻字してあった場合は製品が萎縮はしたものの、はっきりわかりました。

 復員する時に軍医さんから3か年の命ですと云われた事が頭から離れずにいると共に、出生する子供にも影響すると云われて本当に心配でした。被爆により人生を完全に狂わされてしまいました。現在でも心配になるのは白血球の減少です。被爆者の健康管理について、国家補償制度の充実と実現をお願いします。

 

運よく生きて

 匿 名 

広島 鉄道隊員として任務中

 

 私は昭和20年7月に鉄道隊員として召集。広島市横川町に居り、楠小学校で補充兵の訓練を毎日行っておりましたが、8月6日山の中の学校に移動する為、後片付けで残る兵と移動する兵とに分かれ、私は移動する兵と一緒に歩いていたその時、「ピカッ」とマグネシウムをたいた時の様な光と続いて「ドカン」と云う地響きで地に伏しました。その時、顔や腕に軽い火傷を受けた。学校に残っていた兵は校舎の下敷きで死んだ者、ガラスの破片がささって血だらけの者等で、私も残っていたらと思うとゾッとする思いでした。

 あの時の事を思うとあんな恐ろしい兵器はいらないと思います。二度とこの様な恐ろしい事をおこさない様心から願っております。

 

(この文を書いて一か月後の3月16日お亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます)

 

一人で悩んだ30年

  匿 名 

広島 兵隊として任務中

 

 一発の原爆により広島市が全滅する被害を受けて、この様な大量一時に被害を及ぼす兵器は、人類にとって絶滅の兵器であり、又50年以上も放射能障害の後遺症が続くことと、あの日の被爆者の悲惨な状況は筆に表せない状況であることを、二度と繰り返さない様にいたいと考えます。

 広島より復員後、数年にわたり、胃痛が続いて苦しんだ。その後、新聞、ラジオ等の情報により、被爆者は放射能の後遺症として異常なことが数々知らされ、人に話も出来ず、一人心を痛めました。だから子供達への影響も考えられましたので、戦友より被爆者手帳の交付申請を進められたが、その時期は申請しなかった。その後年齢も増し、家族の状況も変わったので、昭和51年になって被爆者手帳の交付を受けた。現在高血圧と肺腫症、胆石症といろいろの病気で病院に通っています。

 この地球上で原爆が使用されると、人類は絶滅すること必至であり、地球上より原爆をすべて廃絶する事を強く要求する。

 

 母のお陰で今日

 山梨県甲府市 中沢 フジエさん 

広島 当時21歳 勤務先の銀行に向かう途中、広島駅前で被爆 爆心地から約1km

 

 広島駅前の電停広場で被爆、左顔、首、手足は火傷で皮膚が垂れ下がり赤身が出ていた。目の前の発車間もない電車の中の人達が骸骨になっていたのが一番印象深く、この電車に乗っていたらと思うと今でもゾッとします。

 逃げる途中の練兵場で、朝礼していた兵隊さん達の真っ黒焦げの死体の山、まるで地獄の様だった。無我夢中で火から逃れる事しか考える余裕もなく、矢賀町の広場にたどり着いた。そこで運よく勤務先の友達に会い気を失った。 翌朝わが家へ運んで頂いたが、母が我が子とは信じられないほど変わり果てた私の姿に幾度も名前を呼んだり、持ち物を調べて確かめた。それから10か月余り、家族、私の苦しみ、一瞬にして死んだ友達をうらやましく思った程でした。

 8月18日父が原爆症で亡くなった。私は母、姉の必死の看護のお蔭で助かったが、私が歩けるようになった頃、母は看病疲れで倒れて他界しました。

 昭和23年始め妊娠した時、私自身が直爆で左半身大火傷の体、又主人も被爆していましたのでとても悩みました。その当時被爆者には正常な子供は生まれないと噂がありましたので一層不安でした。その上私は、医者から30歳位までの命と言われていました事が頭から離れませんでしたので、二度とお産は出来ないと思い、勇気を出して出産しました。 幸い正常な子供でしたが、5歳位までは知能の方を心配しました。でも現在、2児の父親になり、元気で立派な社会人となり感謝しています。

 私は医者の宣言通り28歳位から更年期に入り、その後子供は出来ませんでした。火傷の跡が広範囲なので半袖を着る事が恥ずかしく、又温泉にはみんなと入る事をさけました。

 被爆直後亡くなった父(49歳)は勤務先を休んで勤労奉仕で建物疎開に出ていた為、何処からも保証も無く残念でなりません。母も私の看病疲れで病に倒れ他界し、原爆のため両親を犠牲にした事が悔やまれてなりません。又主人も投下当日から救護活動に加わり、死体処理などに当たり、当時はやむを得ない状況だったのに、何時迄もその時の事が後悔として頭から離れませんでした。

 亡くなるまで原爆の事を口にする事を恐れ、苦しみました。こうした原爆の恐ろしさ、苦しみは誰にも味合わせたくありません。

 世界中に核兵器の廃絶を訴えたいと思います。

 

 核兵器の廃絶を

 中田 武男さん 

広島      

 

 昭和20年8月6日朝8時15分、広島市に世界で初めて原爆が投下された。私は下宿を出て広陵中学校前の電停で電車を待っていたその時にピカ―と光を受けて、とっさに伏せたのですが、手と顔に大きな火傷をしました。いそいで下宿にもどりましたが、下宿はペシャンコにつぶれており、歩いて部隊に行きましたら事務の女の人達はガラスの破片が体のあちこちにささって悲鳴を上げており可哀想でした。

 私はその日のうちに「似島」につれて行かれ、顔の火傷から毎日黄色い水がタラタラ流れ出て、拭くのに忙しい始末でしたが、命だけは助かりました。島に来た人達は火傷も重くて、重湯も飲めず、人に流し込んでもらっておりましたが、3日位すると次々と息を引き取り、穴を掘って埋められ、小さな箱には頭髪だけでした。私も2か月たって山梨に帰ることが出来ましたが、顔の半分が真っ赤で外に出る事が出来ませんでした。一瞬にして何10万人もの犠牲を出す恐ろしい兵器こそ一番に廃絶し、人類平和のために二度と原爆を作ることを禁じたい。戦後50年被爆者も老人になり体力も少しずつ悪くなって来ているので常に病院に行く事を心がけています。

 今後再び被爆者となる人をつくらないよう核兵器をなくし、核戦争をおこさない事を望みます。国家補償の援護法の一日も早く実現することを願います。

 

 国家補償の援護法を

  相吉 英一さん 

    広島 爆心地から約20kmのところで訓練中 救護のため広島へ

 

 私達歩兵第321連隊は昭和20年5月に佐倉57部隊に於いて編成、広島に駐留し、広島市より約20キロメートル離れた八本松演習場に於いて訓練をしておりましたが、8月6日の午前8時15分米軍の原爆投下により、直ちに軍命令で連隊全員が強行軍で広島市に入市、死体処理及び救護活動に活躍しました。B29の爆撃及び焼夷弾攻撃は幾度か経験しましたが、広島駅に到着したときの光景は全く驚きました。焼けただれた体で男女の区別もつかない姿で這い歩いている姿は全く想像もつきません。地獄の沙汰とはこのことだと思いました。こんなことが再びあってはならないと深く決心しました。

 昭和天皇の御前会議で無条件降伏は絶対だと決心なされたことは流石の象徴であると感激の極みでございます。あのまま原爆投下が続いたら幾百万人の国民が犠牲になったか知れません。身震いする思いでございます。今後あのような悲惨な状況を繰り返さないよう「国家補償に基づく」「被爆者援護法を」、そして平和な世界を制定されますよう祈っております。

 死体処理班であって素手で死人を取り扱ったので、終戦後は心配でしたが、空気のよい山間の町に住んだお蔭か、年2回の健康診断を1回も欠かさず受けて、健康管理を行っている為か目下のところ医者の薬も入退院もなく85歳を迎え元気で頑張っております。

 やっと国会を通過しました被爆者援護法は骨抜きの様な法律でがっかりして居りますが、一日も早く、核兵器廃絶のためにも50周年を迎える年を期に国家補償に基づく被爆者援護法を我々体験者の悲願を叶えていただきたいと思います。

 

 戦争のない事を願って

  渡辺 幸永さん 

8月12日に広島に入った

 

 四国の愛媛県伊予三島に船舶兵として、7月7日入隊し、約1か月訓練をして、8月12日部隊編成の為、広島市に入市しました。原爆が投下されて6日目でしたが、まだ死体を焼いているのか煙がたっておる所もあり、瓦礫がごろごろしており、ところどころに真っ黒な男か女か分からない死骸もころがっていました。一発の原子爆弾が20万余の人を殺す恐ろしい兵器は不必要です。ほんとうに戦争と原爆はいりません。原爆や戦争は嫌だと思っております。

 

難病とのたたかい

山本 トヨ子さん

長崎 当時9歳 自宅で

 

 8月9日11時2分、私は9歳で小学校3年生、学校は警戒警報でお休みで家に居りました。ピカ!ドン!と7色の閃光が走り、家がグラッとゆれ、驚いてそばにあった布団を被り、音の静まるのを待ち、外に出ると遥かにきのこ雲が夏空に浮いていて、恐ろしい予感がしました。家の中はガラスの破片、水瓶が割れ、雨戸が飛び家も傾きました。15分位経った頃、兄が爆心地、浦上の三菱精機より走って来ました。火傷で皮膚はビラビラですぐに病院へ行きましたが人がいっぱいで、小学校が避難所となり、廊下に寝かされ、手当てを受けましたが、毒ガスを吸っていたので母の必至の看護も虚しく、12日目に死亡しました。毎日約30名位だったと思います。苦しい、苦しい、水をくれ、水をくれ!との叫びに私は末期の水とは知りつつ与えていました。

もうあの悲惨な戦争は絶対に許せません。

 

   八月九日十一時二分の黙祷は

         被爆長崎への我が鎮魂歌

 

   ピカドンの音の静まりて

      目の前に大きく浮かぶきのこ雲見し

 

   ビラビラの皮膚を纏いし人々は

         浦上川へと水を求めて

 

   浦上川の水を浴びたる人々は

       一口飲みては浮かび逝きたり

 

   学校が診療所と化し累々と

       焼け燗れし人廊下に横たふ

 

   二十才にて兄も原爆に逝きたりし

       母の全力開放も虚しく

 

   水下さい、水下さいとの叫び声に

       末期の水と知りつつ飲ます

 

   子や孫に彼の戦争の悲惨さを

       告げゆかん我は語り部として

 

 私は昭和60年6月より9月まで入院して、子宮筋腫、乳癌の手術をいました。そして、平成元年9月に重症筋無力症と診断される。平成2年12月に胆嚢摘出、その他脳腫瘍もあります。次々と病み、特に筋無力症という病気は、頭痛に加えて瞼が落ちて真っ暗になってほんとうに困っております。健康管理手当の受給に該当しませんので病名範囲拡大を切にお願いいたします。

 

死体の山                    

 柴村 栄一さん 

広島 兵務中 

 

 8月6日暑くよく晴れた朝でした。私は朝食をすませて、兵舎に帰ってきた時に白い光線ピカッと光り、ドカンと大きくゆれました。兵舎には多数の被爆した人がどんどんやって来た。それはひどいものだった。特に女の人は裸同様で皮をぶらさげてとても正視できるものではなかった。

医務室があるといっても油と白い粉を混ぜたものを塗ってあげるだけのもので、とうてい治療と言えるものではなかった。

爆弾が落ちた時には気づかなかったが、足のかかとに火傷と外傷があった。たいした事もなかったので市内で救護、死体の片付けをしました。死体は持つと皮がツルリとむけてしまって大変でした。穴を掘って死体を入れて油をかけて焼く、焼いても焼いても死体は減らない。毎日毎日いたる処で死体が焼かれた。

あんなひどいむごい戦争は絶対に嫌です。二度とないことを願います。

 

 被爆50年

高橋 健さん 

広島  爆心地から約2km 

 

 1945(昭和20)年8月6日、私は広島で原子爆弾の被爆者となりました。広島の北東部、牛田町、爆心から2キロメートルの地点でした。ガラスの破片で傷つき気を失っていた妹の1人(全部で妹は3人でした)を背負って破壊された街を山の麓まで逃げたこと、沢山の人が傷ついたり、火傷を負ったりして倒れていたこと、その中に広島放送局で傷を負い、裸に近い格好の女子挺身隊員の女学生がここまで逃げて来て倒れたのをどこかのおばさんがはげましていた光景、街の方からと後ろの山からと両方から燃えてくる火に脅えながら明かした一夜のこと、真黒に焼けてゴム風船のようにふくれ上がった多数の死体が太田川に浮かび、潮の満ち引きにつれ何度も上がったり下がったりしていたのを真上から照らしていた夏の太陽、多くの被爆者の人たちと同様私もそれらを経験しました。

 牛田町は町外れですから私が目撃した犠牲者はそんなに多くはなかったはずですが、両手を前に上げ、まる裸で垂れ下がった皮膚がほこりで、まっ黒になったのをブラ下げて、よろめいている人達を見た時、私は子供の頃のお祭りの見世物小屋の地獄絵図の亡者を思い出しました。あの絵は昔の人が未来に起こるこの出来事を予知してそれを絵図にしたのかもしれない。と云う気がふとしましたし、それは今でもよく覚えています。

 それから50年、私は核をめぐって現在の状況に全く満足できません。戦争が終わったとき、このような核兵器が禁止されるべきこと、戦争をふたたび起こしてはならないことは誰にとっても明白のことに思われました。だからこそ戦争放棄をうたった新憲法は圧倒的に多数の国民から強い支持を受けたのです。だから今の世の中がなぜこんな事になってしまったのか理解に苦しむのです。50年間核兵器保有諸国は核軍拡競争を続け、世界にはあり余る核兵器があふれました。今やソ連は消滅し、国際情勢は全く変化してしまい、どう考えても核兵器を持ち続けなければならない理由は誰にも分からないでしょう。それなのに核兵器はほとんどもとのまま維持されています。

日本政府は「世界で最初の被爆国」とお題目を唱えるばかりで、国連では核兵器廃絶決議に常に反対してきました。社会党の村山首相の下で、自衛隊合憲、日米安保堅持が確認されました。

  一方クリントン米大統領は「原爆投下は正しかった。謝罪するつもりはない」と言い放っています。被爆者は日本が戦った戦争が日本の侵略ではなかったと主張するつもりもなく、自分達が何の罪もない一方的な犠牲者であると主張するものでもありません。

私は日本はアジア諸国を侵略したし、被爆者も日本人の一員として加害者の側面を持っていた事を認めます。しかしだからといってあのような核にやる大量虐殺が許されるはずはありません。また現在のような大量な核兵器の保有は人類の滅亡につながりかねない危険をはらんでいます。クリントン大統領が謝罪したくないのならばしなくても結構です。口で云いたくないのなら、その代わり核兵器廃絶の行動をとってもらいたい。しかしそのような事にならないのは云うまでもないでしょう。

 あの日、広島と長崎で亡くなった被爆者、その後50年間に次々と死んでいった人達が今の世界の様子を見たならば、何と云うでしょう。きっと「自分達が死んだのは、こんな世の中になるためだったろうか」と云うでしょう。私はそれが残念です。何とかしなければと思います。また生き残っている被爆者の人達も同じように考えているでしょう。しかし被爆者の平均年齢は多分70才に近く、毎年本会の会員も次々と亡くなっております。

 被爆50年を期して、私達は「ふたたび被爆者をつくらないために」核兵器ゼロの世界実現の為に更に努力を重ねなければと考えますが、我々に残された時間は余りありません。時間はなくても、私達は亡くなった人達の志をついで努力するしかありません。

それが人類の未来によりよいものをもたらす事を信じながら。

 

 山のような死体

内藤 嘉彦さん 

広島 兵務中  

 

 被爆前夜、呉市内の空襲により、翌朝は午前中就寝の許可がありましたが一度空襲警報があったので出動体制で寝ていました。8時15分頃窓ガラスが真っ赤に光り、爆風と共に兵舎は全壊し、やっとの思いで脱出しましたら傷ついた兵隊、火傷の市民たちを野戦病院(学校)に担架で運ぶ事になり、何が何だか分からないままに、死者の整理、山の様にある死者を朝から晩まで毎日毎日焼いた。その時のズルリとむける皮に最初は気持ち悪いと思ったがそのうち平気で持って、掘っておいた穴に入れて焼いた。今思えばよくあんなことが出来たなーと思いながら手を眺めております。その間の食事と云えば乾パンに水だけで、下痢が続き生きるのも嫌になってしまいました。もうあんなこわい爆弾はいらないなーと思う。結婚に悩み、子供に心配したものです。

 どこの国も核兵器を持たないで、地球上から核兵器の廃絶を願います

 

   火傷もなく

 杉原 健さん 

広島の大学で化学実験をしようとしたとき

 

 私は広島市東千田町の広島文理科大学の、鉄筋レンガ作りの3階の部屋でこれから化学の実験をはじめようとした時に被爆し、硝子の破片を顔や体中に受けました。閃光は西向きの建物だったので直接受けなかったので、火傷のケロイド症状はありませんでした。

しかし、被爆当時は原子爆弾の恐さを全然知りませんので、処々方々を歩き回りましたので、そのせいでしょうか、帰りましてから1か月ほど寝込みましたが、その後は何事もなく50年生きることができました。

 

 死者にはなむけを

清水 要四朗さん 

広島 兵務中 爆心地から約1km 

 

 現役兵で仙台に入隊し、昭和18年10月に広島の宇品の兵舎に落ち着き、将校当番兵として、8月6日8時に衛門を出て、御幸橋近くの将校の下宿先に向かう途中で顔に強い光線を受けた。下宿の屋根はそっくり飛んでおり、宇品にと向かう人々の群れは裸同様の姿で体中血だらけで身の毛のよだつ思いでした。隊に帰り、タオルで顔を冷やしながら上官の知人を捜しに市内の収容所を捜し廻った。火傷をした人をひっくり返せば皮がつるりとはげて、傷には蛆がわき、顔などとても見分けがつかない。私の顔はひどくはれて兵舎で2,3日休む。床に寝かされた火傷をした人は、床が冷たくて気持ちが良いが長く寝ていると体が痛いので、ころりと寝返りをすると皮がペロリとむけて、板の上に皮だけが残るという状態でほとんどの人は「水をくれ」と口走りながら亡くなった。隊の隅では死者が焼かれ、雨の降る夜は、焼け跡や道路に青白くリンがチョロチョロと燃えて気味の悪い事は一通りではなかった。

 顔の火傷も治り、特に異状もなかったが、山梨に帰って間もなく熱が出たり、1年中を通して体のあちらこちらに湿疹が出来、かゆみ止めをやめると狂い死にそうとなり、薬と縁が切れないでいる。健康診断でも「原爆とは関係ない」と云われ困っている。5,6年前から肝臓がはれ始め、下を向いて仕事をすることが出来ず、養蚕や田植えをすれば、入院と退院のくり返しとなり、ついに養蚕を中止しました。五十才という年齢で普通ならまだ十分に働けるのに、こんな体になったのも原爆のせいだとしか考えられない。

 あれから30年たつというのに、地方の医療機関では医師の認識が足りないため、一段と取り残されているように思う。

 被爆者の声を国は真剣に取り上げて一日も早く、原爆で苦しみながら殺されていった人々への花向けとして援護法の制定を願います。

 

 無 題

高橋 ゆきさん

 

 何分にも年(97歳)で、何でもすぐ忘れてしまう始末です。すっかり馬鹿になってしまって、難しいことは分かりませんけどよろしくお願いいたします。

 

 もし私の娘であったら

  杉山 国夫さん 

広島 兵隊として任務中 

 

 私は長い人生の中で忘れようとして忘れられないのがあのきのこ雲です・・・

 あの日、澄みきった青空に閃光とともに白いきのこ雲がむくむくと浮き上がりました。何が何だかわからないうちに夜になり、夜の点呼で軍の命令だと云って広島に向かいました。市内の惨状は言葉では言い表せません。ピカドンの一発だと聞き、とても信じられませんでした。

広島連隊の前に並べられた軍人の死体を見たある記者はお化けの行列と云ったとか云う。どの顔も火傷でまん丸い顔で横たわっていました。

今にして思えばよくあんな惨いことが平気で出来たなと思うのですが、当時の市内は大変の数の死体で私達はその処置を優先的にやったのです。暑いので一日でも一刻でも早い処置が急務だったのです。

その時、女子学生のお母さんが来て、この子は私の娘ですからと云って口紅をぬり、化粧をし、頬ずりをし、じっと抱きしめていました。私はその様子が目に焼きついていて、昨日の事のように鮮明に思い出されるのです。もし私の娘だったらと・・・

 昭和50年に胃潰瘍で入院、55年には脳腫瘍の手術をする等病気をしました。最近は風邪を引きやすく、引くとなかなか治らないし、疲れがとれなくて困っております。私の長男が2歳の時、皮下出血する紫斑病という病気にかかりました。私は被爆と関係があるのかと心配した事がありました。その後元気でいるので私の責任でなくて良かったなと思っております。

 人間同士が啀み合い、憎しみ合い、そして殺し合う戦争、特にあの悲惨なこの世のものとは思えない地獄図を見るような核兵器が二度と使われる事のないよう祈ってペンをおきます。

 

 運命の朝

 吉野 静湖さん 

広島 主婦   

 

 8月6日快晴の朝、何時ものように六時に起きる。主人を送り出し、風呂場で洗濯をしたいとき、ピカッと、何かしらと思う間もなく凄い爆音、アッ家のそばに大型爆弾が落ちたのだと思い、慌てて奥の押し入れに飛び込んだ。しばらくとして出て見たらガラスは全て粉々になり、桐のタンスにつき刺さっており、天井は瓦はとび、すき間から空が見える。

 あまりのひどさに声も出ず、ふと気がつくと腕や足から血が流れ、頭には大きなコブがあり、いつ怪我をしたのか分からないが傷だらけでした。空は暗くなり、山肌や蓮田、畑の光線のあたった部分は茶色に焦げ何ともいえぬ光景でした。

 その内にこの世の人とも思えないようなぼろぼろの衣服をまとい、皮膚を腰や手の先にぶらさげて、その手を胸の所に上げた血だらけの人達や、死んだ子をかたく抱き水をくれと家の中に入ってきた。

家は宮島線の己斐から2つ目の駅の近くにありました。これらの人々は裸足で裸なので、私は浴衣や下駄を上げておりましたが、すぐ品切れになり薬もなくなってしまいました。

そのうち主人の事が心配になり、いても立ってもおられない気持ちで黒い雨を眺めていましたが、夜になっても帰って来ませんでした。後で聞けば大きな建物の下敷きになり、火が出て逃げられなかったようです。

隣組の人達と遺体を捜しに市内に行ったのですが、その途中には大木や電柱は火を吹き、いたる処に黒焦げの死体や半焼けの死体がころがっており、川には無数の死体が浮いており、主人もこんなんだろうかと思っているうちに気を失ったらしく、気がついた時は暗い家の中に寝かされておりました。枕元には主人の遺骨とメガネと腕時計の入った大きな瓶が置かれておりました。やっぱり駄目だったのか、私も目がさめずに死にたかったとさめざめと泣きました。

数日後熱が出たので私も死ねるかと思いましたのに、生き残ってしまいました。

 戦時中は婦人会の支部長として皆さんと一緒に何十回となく宇品で兵隊さんを送り迎えしたり、夜中の1時、2時に来る兵隊さんをお泊めしたりした事でしょう。原爆投下による被爆者のあの姿等々昨日のようにはっきりと覚えております。子供もなく淋しいけれどお花を習いに来られる若い人たちにかこまれた日々ですが、このまま何事もなく過ごせるだろうか?もうあんな悲惨なことはないだろうなと一抹の不安も持ちながら平和を願っております。

 

 被爆者の手で原爆展を米国で

  池嵜 伸一郎さん 

長崎       

 

 私は昭和20年8月9日、長崎市寄合町で被爆、広島爆弾と同じ新爆弾ではないかという噂を聞き、浦上方面は壊滅状態との事で、10日朝、消息不明の近所の人、友人等を父達と一緒に捜しに浦上方面に行く途中の一帯はすべて焼け野河原、死体の山、浦上川には折り重なるように人、人、人が浮かんで死臭ただよい、惨々たるありさまはこの世の地獄絵、数時間後に金歯と背中の刺青で近所の人を確認、その場で荼毘(だび)にふす。後日友人等多数の死亡の連絡あり。沈痛。

 実際に被爆しその場を見た人でないと真の残酷さは理解出来ないと思います。

 幸にも私はその後、原爆による後遺症もなく、健康に恵まれ、心配もなく今日を迎えましたが、あの原爆で無残にも亡くなって行った多くの友人達の叫びが今でも頭から離れない。

 アメリカ大統領、クリントン発言によれば、原爆投下で戦争終結を早め、結果的に多くの人命を救ったというのですがその論理が成り立つなら原爆は平和、平和を能動的に創造できる兵器という事になる、平和を望む日本が核武装しても可ということになる。

 アメリカの原爆肯定は独善的で抗議したい。きのこ雲の下で起こった凄惨な生々しい被爆の実態を知らないアメリカの国民に、広島、長崎の市民、被団協の手による独自の原爆展をアメリカで開催し、その実態を知らせるよう、願ってやみません。

 

 被爆のありのまま

  越賀 大流さん 

広島 軍総司令部 情報通信班で任務中 

 

 太平洋戦争も最早手のほどこしようもない末期を感じたあの日、私は広島の第2軍総司令部の情報通信班に勤務という情報の先端にいた。その日原爆投下のその時、私は厚い壁に囲まれた窓の小さい室内で事務を取らされていた。一瞬ピカッと感じた瞬間、気を失ったらしい。

どの位時間が過ぎたのであろうか?長かったようにも思えるし、ほんの数秒間だったような気もする。柱などの間から抜け出し、ようやく窓から這い出した私の目に入ったのは、完全につぶれてしまった兵舎でした。机の蔭にいたため命だけは助かったが、ひじから指の先まで火傷を負い、背中から横腹にかけてガラスの破片でかなりの傷を受け、出血のため立っているのがやっとという状態であった。

つぶれた兵舎には間もなく火が廻り、下敷きになった者の助けを呼ぶ悲鳴が聞こえていたが、どうすることも出来ず、私も気がつくのが遅かったら彼等と同じように、生きながら焼かれてしまったのかと思うと、助かってよかったと思うと同時に助けてやる事も出来ず、生きて火葬されるなど全く悲惨な光景でした。

その後、練兵場の隅に作られた仮の診療所のテントに収容され、火傷には油のようなものをぬり、背中の傷はアルコールで消毒するだけの手当だけが数日行われました。

広い練兵場には次から次へと死体が運び込まれ、長い壕を掘った中へ薪と死体を投げ込んで焼いた。焼いても焼いても死体は減らなかった。

 数日後、山の中の仮病院に移され、電車で可部から3キロメートルばかり奥の大林国民学校に収容され、教室にムシロを敷き、その上に毛布を敷いてゴロゴロで寝かされた。火傷、傷とも今までの手当と変わらない。一緒に寝ころんで話をしていた者が朝は冷たくなっている。頭の毛をさするとボロボロと抜け落ちるような者は幾日もたたぬうちに世を去った。便所など血のまじった赤い便でとても入れなかった。でもそうしておれず、何とか用を足す有様、自分もいつか死んでいった人のようになるのかと不安だった。

9月15日になって帰郷命令が出されたが、火傷も背中の傷も残っていたが、どうにか動けるので帰ることにしたが、当初の三分の一くらいしか生き残っていなかった。

3,4人で一緒に広島を後に満員電車で、志摩半島にある妻の実家にて半年ほど養生をして山梨に帰りました。

被爆二世について心配もしましたが、何とか元気でいてくれますし、私も84歳の今日まで生きられるとは全く予期しない幸せと思っております。高血圧と糖尿病と付き合いながら生きております。

 原爆などというものは人間世界にはあってはならない兵器で、原爆を所有している国は即刻に廃棄してほしいと思う。

 

 死の座をうばわれて

 米内 幸子さん 

広島 広島生まれ 

 

 私は広島で生まれ、育った者で、8月6日母と一緒に家の下敷きになって焼殺されるべきでしたのに、甲府空襲で焼け出された姉が下痢と熱で痩せ細った子供をつれて7月30日の夜中に広島に来ました。すぐに疎開をさせればよかったのに、私が掃除にと50キロ離れた山間の田舎に行き、5日早朝より下痢、嘔吐が午後まで続き夜帰る予定が帰れなくなり、みんなの骨を拾う身になったのです。

原爆投下の時間、白い閃光が走り、ガタガタと障子が揺れました。西条あたりに大きな爆弾が投下された位にしか考えておりませんでしたが、どうも違うらしいと、姪と2人で8日朝、八本松駅までバスで出て、そこから黙々と歩いて広島には4時頃着いた。

駅には屋根もなく、前を見ると小さな己斐の山と左に江波が見え、鉄筋の外郭と幹だけの裸木が見えるだけ、足元を見ると真っ黒な死体が瓦礫の間に見える。どうしたら我が家までゆけるのかと思案するも、勇気を出して歩くより他になしと、江波方面に向かって、死体を踏まないように、ころばないように気を配って進む、

あの美しい川の中に大きくふくらんだ死体がどの川もどの川も、それこそ一杯に浮いていたのです。やっとの思いで我が家の焼け跡にたどり着いたのですが、キレイに焼けて、鍋や釜、そして缶が焼け残ってころがっており、2か所に黒いものがあったので近づいて見ると、背骨の焼け残りなのです。そっと骨を持ち上げると、そこには真っ白なサラサラとした骨があり、他方の背骨の下には白い骨とそばには可愛らしい歯がそのまま白く焼けており胸のつまる思いでした。そのキレイな骨が又とても臭くてむかつくような匂いでした。

6歳と4歳の子供の骨を掘り返し掘り返して捜しましたが、骨は勿論、小銭の焼けたもの一つみつからず、石と砂だけの土で、とてもキレイに焼けておりました。

 江波行の電車道は家のすぐそばで、線路の上にムシロを敷いて、沢山の火傷者が白い薬を塗ってあるだけで、きっしりと寝ころばされて、「痛いよ、痛いよ」とかぼそい声が聞こえ、何とも言えぬうめき声、その間に水を下さい。水を、水をの声、そして黒くなる程沢山の蠅がたかっておりました。誰にも看取られず亡くなった人々の姿と声は忘れられません。

 市内のいたる所で死体が焼かれており、穴を掘って、市内の死体を大八車に入れてまとめ、ゴミの様に扱われておりました。昼は焼く煙が黒く、夜は赤々と見えて、とても悲しく淋しいものでした。終戦の日まで続いた。

 義姉と10才の甥は疎開先から広島に出て、八丁堀あたりで電車の中で被爆、無傷で疎開先に帰宅しましたが、10日ばかりして発熱、脱毛に斑点と原爆病に苦しみ、9月1日死亡し、10才の甥も頭髪はなくなりましたが、元気になり安心しましたけれど、1才の姪は母乳を口にした為に斑点が体中に出来、目からも血を出しながら母親の後を追って死亡しました。

 死体処理の為に広島に来て、10日位で帰隊した兵隊さんがやはり発熱、下痢、脱毛で死亡された。これらは姪の死と同じように残留放射線によるもので、体内に入った放射線は体の中の細胞をこわし、いろいろの病気の症状があらわれますので、自分の体の一寸した異常にも神経をとがらせ、子供の病気、結婚とたえず悩み続けて来ました。今も癌で亡くなる人が一般の人より多いというのも放射線を受けた為なのです。

こうした恐ろしい原爆が二度と使用されることのないようにと願って、私達は国に対して被爆者援護法の制定を要請してきました。昨年12月援護法と名の付くものは制定されました。しかしそれはふたたび被爆者をつくらないという「証」の国家補償になっておりませんでした。

 核兵器ゼロと国家補償の明記を求めて生ある限り頑張り、核兵器のない平和な地球を孫たちに引き継ぎたいと念願しております。

 

 世界中仲良く

  村松 寿さん 

 

 広島、長崎に原子爆弾が投下されて50年になります。

写真、新聞、テレビ等で50年前のことを報道されておりますが、それよりも実際の方が数倍もひどいもので、広島市の資料館に行って気持ちが悪くゆっくり見ておれなかったとよく云われますが、原爆にあった者でないと分からないと申しますように、どんなに真実を伝えようと話してみても、書いても、その何分の一しか伝える事が出来ないのが残念です。

一番おそろしいのが目に見えず、匂いもない放射線です。その為に白血病、ガン等になる人が多いわけなのです。火傷をしなくても、無傷な人が死体処理を1週間、10日と行っただけで原爆病で亡くなっているのです。それが土の中にも物体にもあり、何とこわい事でしょうか?広島に70年は人は住めないと云われたのもここに原因があり、本当に安心して住めるには長い年月を必要とします。次々と実験等されるとそれこそ大変です。

被爆者の結婚に困ったと云うのもその為でしょうが、二世で被爆者と同じような心配はないようです。

いずれにしろ一発のピカドンであれだけの被害を受けたのですから、現在世界に点在している核兵器の事を思うと卒倒しそうです。こんなこわい核兵器を世界中からなくして、世界の人々が仲良くして暮らせるようにしたいものと考えます。

日本が世界で唯一被爆国なのですから、核兵器の廃絶運動の先頭に立って頑張ってもらいたいものです。

 

 振り返る50年

 山梨県甲府市 内藤 藤三さん 

広島 暁部隊で任務 

 

 広島・長崎に原爆が投下されて50年の節目を迎える時、過去を振り返り思い起こせば一瞬にして20数万人の尊い命が奪われ、生き地獄と化しその残虐さは目を覆うばかりでありました。当時は特殊な新型爆弾、どんな爆弾かわからなかった。原爆が投下された時、私は壕の中でした。壕の中まで襲うものすごい爆風、瞬間的烈風の風圧で天井の丸太が落ち、頭と首を直撃され、数分間意識を失いました。

しばらくして意識が回復し、ただ死に物狂いで壕の外へ出てみると驚いたことに広島の街が消えていたのです。まちの全体の建物が破壊され、家らしきもの一つ見当たらず、コンクリートの壁が数カ所に建物らしく見えるのみで、既にあちらこちらに煙が立ちのぼっていました。これだけの広範囲を一瞬に灰燼に化したのです。

 耳に入ったのは建物の下敷きになって家族を呼び合う声、泣き叫ぶ声、助けを呼ぶ悲鳴ばかりで、それが方々から聞こえてくる、それから光熱射線で火傷した人、川の中にもうごめいていました。男か女かもわからない焼け死んだ人たち、ガラスの破片が無数に刺さり、血や肉のかたまりが、それは生きた人間の姿ではなく見るも無残で全く悲惨な光景でした。

 50年を静かに振り返ってみると、幸い、私は壕の中にいたため、原爆の光熱射線を受けず命拾いをしましたが、放射能を多量に浴び九月に復員しましたが、高熱病にかかり病床につきました。「これは何の病気だ」治療の方法はわからないまま、40度からの高熱が数日間続き、当時病名はついにわからず一時は危篤状態となり、その後放射線障害とわかりました。せっかく一命を取り留めたのだから苦労しても生き抜かねばとの思いに支えられて半世紀になります。復員当時大病してからいろんな疾病を併発して、回顧してみると薬漬けでよく生きながらえたと思います。現在も病気と闘っています。被爆した時、首を丸太で直撃されたその後遺症が残り、会社勤めのかたわら通院の日々を過ごしています。

 今年は被爆五十年、過去を振り返り、複雑な心境であります。原爆や戦争がいかにむごいものか、生ある今訴えておかなければ、今の時代の子供や若者に残せる最大の遺産は、戦争や原爆の悲惨さを語り伝えることであります。広島・長崎は原爆投下の熱放射による火災と火傷、その後の放射線障害等から力強く立ち上がって50年が過ぎました。

 終戦の昭和20年に生まれた子供たちも50才になります。戦争を知らない人々にこれを語り継ぐことと、平和を願いながら戦争の悲惨さ、罪深さを後世に語り伝えて、私達被爆者は身をもって体験した原爆を世論に訴え、これから21世紀を生きて行く子供たちに再び原子爆弾などという大量殺人を行う兵器がこの世で使われることのないよう心から願って核兵器廃絶を積極的に伝えていかなければいけないという責務があると思います。

あの時、あの場所で・・・

山梨県原水爆被爆者の会 「甲友会」

あの時、あの場所で・・・

山梨県原水爆被爆者の会